Loading...
  • ●受付開始:

    午前8:30 / 午後14:00

  • ●診察:

    午前9:00~11:30
    午後14:30~17:30

  • ●リハビリ:

    午前9:00~13:00午後14:30~18:00(月金土)
    ~19:00(火水木)

  • ●休診日:

    日・祝

代 表043-293-4111

リハビリ直通043-291-0511

コロナ禍の自粛生活後に下肢疲労骨折が多発!

コロナ禍の自粛生活後に下肢疲労骨折が多発!

2020.07.06

トピックス

コロナ禍での自粛生活後に、運動不足を補うためのウオーキング、ランニングやダンスを開始あるいは再開した後に下肢痛を訴え来院する患者さんがこの1~2か月間で急増しています。

 

症状は、歩行時の痛みと局所の圧痛や腫脹です。通常のレントゲンでははっきりした異常所見はありませんが、MRIにて明らかな疲労骨折の所見が認められました。通常、疲労骨折は日頃から激しい練習を繰り返し行っている10歳代の陸上競技や球技の選手などに多くみられます。

 

今回当院で診られたような30~40歳代の比較的若い年齢で、しかも2~3週間という短期間で発生することは稀と言えます。5月中旬から6月下旬までに初診した疲労骨折例は、下腿(脛骨近位)4例6肢(うち2例が両側)、大腿骨頸部・踵骨・中足骨各1例の計7例(9肢)です。共通していることは、コロナ禍で外出や運動を自粛していたため、その運動不足を補う目的で運動を数か月ぶりに再開、あるいはウオーキングやランニングおよびYouTubeでの体操やダンスを数週間行った方々です。1~2か月の自宅待機による筋力低下に、急な運動負荷が加わり生じたものと思われます。疲労骨折自体は、運動負荷を軽減し痛みのない生活をしばらく送ってもらえれば自然に改善します。

 

今後、コロナによる第2、3波により同様の自粛生活を再度強いられる可能性は十分あります。その際には、その後の急な運動は避け、ストレッチなどから徐々に運動負荷を高めていくように心がけることが肝要です。

 


40歳代 男性:左脛骨近位疲労骨折(MRI STIR法)

 


30歳代 男性:両側脛骨近位疲労骨折(MRI, STIR法)
千葉こどもとおとなの整形外科
院長 亀ヶ谷 真琴

トップへ
もどる