Loading...
  • ●受付開始:

    午前8:30 / 午後14:00

  • ●診察:

    午前9:00~11:30
    午後14:30~17:30

  • ●リハビリ:

    午前9:00~13:00午後14:30~18:00(月金土)
    ~19:00(火水木)

  • ●休診日:

    日・祝

代 表043-293-4111

リハビリ直通043-291-0511

小児における理学療法

小児リハビリテーションについて

小児整形外科について

小児リハビリテーションでは、小児整形外科疾患(先天性内反足、先天性股関節脱臼、ペルテス病など)及び完治が難しい脳性麻痺などの身体機能の障害を持ったお子様や、知的障害など生まれつきの発達障害をもつお子様、脳炎脳症・脳外傷などによる後天性の脳損傷をもつお子様など、幅広い疾患に対してのリハビリを行っています。
お子様の運動機能の向上、運動発達の可能性を広げていくことを目指し、成長過程をよく踏まえたうえで丁寧に治療し、後遺症などが残らないように対応いたします。

  • 小児整形外科疾患に対するリハビリテーション

    小児整形外科疾患に対するリハビリテーション

    小児と成人の大きな違いは、①小児はまだ成長途中にあること、②自己矯正能力(自分の体を自分で治癒する能力)が高いことです。
    小児整形外科疾患に対するリハビリテーションでは、不必要・過剰な介入を避けながら、徐々に良い方向に成長していくことができるようにサポートしていくことが重要であると考えています。とりわけ手術後は身体だけではなく、精神的にも不安定になることも多く、本人のみならずご家族様の協力をいただきながら、時期に応じて適切に運動療法などを実施していきます。

  • 先天性疾患の二次障害に対するリハビリテーション

    先天性疾患の二次障害に対するリハビリテーション

    脳性麻痺などの先天性疾患の中には、全身に症状が出るケースや下肢のみに症状が出るケースがあり、運動麻痺が生じた場合の症状も多岐にわたります。
    筋肉の緊張が亢進した場合、二次的に関節の変形や拘縮などが起こることがあります。当院では二次的に生じた整形外科疾患に対しての運動療法、姿勢や動作の改善を目的とした理学療法を行っております。
    また、保護者様への介助方法や自宅でのホームエクササイズ指導も同時に行わせていただいております。

  • スポーツ障害・成長痛などに対するリハビリテーション

    スポーツ障害・骨端症などに対するリハビリテーション

    伸び盛りの小中学生の体には「骨端線」という成長期特有の骨の弱さが潜んでいます。 この部分に対して過剰な運動量(オーバーユース)や体の使い方の問題によってストレスを加えた結果、骨が耐えられなくなって痛みを発生するという障害が、“スポーツ障害”や“骨端症”と表現されます。
    このような成長期特有の痛みに対しては原因ストレスへの対策が必須となります。
    当院のリハビリでは安静指導だけでなく、ストレスの原因探しに力を入れた細かい評価を行い、可動域訓練、ストレッチ、体の使い方の指導、インソールの作成などを通して根本的な改善を目指しています。

トップへ
もどる